2005年08月01日



2005.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2005.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



繁殖引退犬

昨日のブログでチラッと書いた「繁殖引退犬」
病院で出会った子の話しです。
昨日、会った子は6歳のシェルティーの女の子。
とっても大人しくて、人懐っこくて私に近づいてきて頭を撫でててもジーっと大人しくしている子でした。
今、思い出してみると尻尾を振ると言うような事は見た限り1度もしなかったかも。。。
良い子でとっても可愛かったんだけど、感情を表に出さないような感じがしたな。。。

飼い主さんは、その子を引き取って2週間だそうです。
お家でもとっても大人しくて良い子だそうですよ。
飼い主さんもとっても可愛がっていらっしゃいました。

その子が飼い主さん宅へ来た経緯・・・
あるブリーダーさんが「この子、もう繁殖できないから要らない」と言ったそうです。
その子は、♂をまったく受けつけなくなってしまったようです。
交配をしないから、「要らない」
こんな身勝手な理由がありますか?

今、その子は飼い主さんと出会って普通の家庭犬として幸せに暮していますが、その飼い主さんがいなかったらその子は一体どうなっていたのでしょう。。。

おまけに、その子、見事なブルーアイ。
私、ペットショップで働いていた時にブルーアイのシェルティーがいて、その頃何も知らなかったのですが、上司に「目の事をあまりお客さんに言うな」と言われました。
その頃は「???」と思っていたんですが、弱視だったんですね~。
そういう色素が薄い子を繁殖に使うブリーダーも、私的にはロクなブリーダーだとは思いません。
さんざん産ませておいて、不要になったら「要らない」

その子は運良く飼い主さんに巡り合い、第2の犬生をスタートする事ができましたが、そういう子はごくわずかだと思います。
私達が飼っている子の父犬・母犬は今はどうしているんだろう・・・
どうか、そういう酷い運命を辿らずにいますように祈るばかりです。

昨日の病院でその飼い主さんは先生から「避妊手術」を勧められていました。
「出産を経験した子は、病気になりにくいとか言われているけど、それはまったく根拠の無い事だから、歳的にもこれからの事も考えて、もう少し落ちついたら避妊手術をする事を考えた方がいいと思う」って。
改めて、良い病院にめぐり合えたな~って思いました。

*********************************
一つ前のブログにも書いた、病気や障害を抱えるワンニャンと暮らす飼い主さんの為のメーリングリスト“ファイト!”を開設しました☆
詳細は→「妃奈の闘病記」まで☆
みなさんのご参加お待ちしていま~す!

***本日のワンコさん***

dakkuatui.jpg

クソ暑いのに、ナゼか直射日光のあたる窓際で寝るダック(^^;)
体、熱くなってました(苦笑)

keriatui.jpg

ケッさんもダラ~っとしてます(^^;)

hinaatui.jpg

妃奈は、クールマットが冷たいって事を解っているので、1匹だけクールマットの上で過ごしています☆頭いいでしょう~♪

スポンサーサイト

 



ファイト!

やっと、PCにゆっくり向う時間ができました。
妃奈の闘病記、最近の事を一通りUPしましので、お時間のある時にでもご覧下さいm(__)m

そして、闘病記に「ファイト!」と言うメーリングリストをUPさせて頂きました。
病気や障害を抱えた子と暮らす飼い主さんの情報交換の場やお互い励ましあって、頑張っていけたらいいな~と思い、開設しました。
詳細は闘病記にて。。。

参加希望の方は私までメールを下さい。
皆さんのご参加お待ちしていますm(__)m

それでは、寝ます(^^;)
おやすみなさ~いzzz・・・

 





| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。