2005年09月05日



2005.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2005.10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



選挙の思い出(?)

風邪は治りかけだったのに、昨日調子に乗って色々出かけちゃったもんだから、ぶり返ししたような感じが・・・( ̄▽ ̄;)
ちょっと良くなったからと言って、すぐ調子に乗ってしまうのが私の悪い所(^^;)学習能力0です(苦笑)

そんな感じで今日は1日何もせずダラダラしていたんだけど、9月11日の選挙の街頭演説が家の近くを通り、思い出した事が。。。

私が小学校の頃、その頃は1号棟~6号棟まである集合マンションに住んでいたんですね。
回りにお友達がたくさんいたので、毎日マンション内の公園とかで友達と遊んでいました。

その日も1人の友達(Mちゃん)と外で遊んでいました。
Mちゃんは、アメリカ人と日本人のクォーターの子でした。
Mちゃんのお母さんがアメリカ人と日本人のハーフでした。

Mちゃんと遊んでいると、マンションの敷地内に選挙演説の選挙カーが1台入ってきて、候補者が演説を始めました。
子供ながらに「うるさいなぁ~」って思ったのを覚えています。
演説から5分位たった時でしょうか・・・1人の女性がすごい剣幕で選挙カーの所に乗り込んできました。

Mちゃんのお母さんです

Mちゃんのお母さんは「うるさ~い!」「出てけ~!!」と候補者に向って叫んでいました。
Mちゃんのお母さんの出身地のアメリカでは、こういうように選挙カーに乗って、住宅地に演説にくると言うのが無かったようです。

Mちゃんのお母さんがいくら言っても候補者は聞く耳持たずに演説を続けています。
私と一緒にいたMちゃんは「恥ずかしい・・・」と一言(^^;)

そこで、Mちゃんのお母さん、強行突破にでました!

なんと!
選挙カーの運転席のドアを開けて、ささっているカギを奪って、草原に投げてしまったのです!!

これには、さすがの候補者や関係者もビビった。(私もビビった)
関係者達はあわてて草原でカギを探し、候補者は引きつった顔で演説を続け。。。
結局、最後まで演説をして帰って行きましたが、きっと、こんな田舎のマンションの敷地内でこんな事があるとは誰も予測はしてなかったでしょう(^^;)

選挙演説、正直言って、私も嫌いです。
だって、うるさいんだもん。
うるさい以外に何も感じないし、こうなりゃ、特にうるさい人には絶対票を入れたくないとまで思ってしまう。

選挙演説は、病院や医療施設の周りでは音を小さくする等として配慮をしなければいけない以外、特に規定はないそうです。

先日、選挙演説を妨害して逮捕された人のニュースがやってましたが、あの時、Mちゃんのお母さんが逮捕されなくて本当によかった。と、思いました(^^;)
スポンサーサイト




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。