2006年02月21日



2006.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2006.03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



病院DAY☆

今日は、妃奈の通院日でした

みゆちんからもらった「美川ワンピース」を着て行ったのですが、先生や看護婦さんにも大好評

「妃奈ちゃん、パーティー行くの?」とか「妃奈ちゃん、結婚式の友人代表で挨拶するみたいだね^^」とか、終始和やかな雰囲気で検査をしました
もちろん、「美川です」と言ってきましたよ(笑)
これには、皆大爆笑

hinaobt.jpg
例の美川ワンピース

「お友達から頂いたんです」と言うと、先生は「妃奈ちゃんはたくさんの応援団がいてイイね~」と言ってくれました♪

そして、そして…結果は・・・
血小板が更に上がり、前回11万だった数値が15万にまでなっていました~
この数値は正常範囲内であり、余裕がある数値です
タンパクとアルブミンも安定
とっても良い状況です

今日は、シャントらしき子がいました。
妃奈と同じパピヨンです。
診察室からそのコの診察してる声が聞こえてきたのですが、聞いてるとシャントみたいです。
パピヨン、シャント多いなぁ。。。
その子とは入れ違いで妃奈が診察に入ってしまったので、飼い主さんともお話する時間は無かったけれど、M病院でシャントの子と同じ日の通院になったのは初めての事かも。。。
見た感じは元気そうだったので、手術で完治できると良いな

「シャント=短命」と思っている方は多いと思います。
確かに、難病だし、手術ができない妃奈のような多発性のシャントだといつ何があるか解りません。
でも、「シャント=短命」とは必ずしも限らないんですよ(^^)
M病院の患者さんで、先天性の単一シャントの子が手術を受けて完治したものの、2才の時に後天性として再発した子がいるそうです。
でも、その子は8歳になった今も元気に通院されているようです。
飼い主さんの懸命な努力と愛情の結果でもあると思います。
体調に波があるのは仕方無い事です。
だけど、シャント血管があるからと言って、必ずしも短命って訳ではないとM先生は言っています。
ただ、妃奈の場合は肝臓の奇形があるので、そこまでの保障はないけれど、私も諦めませんよ~
いつか、そのワンちゃんと飼い主さんにお会いしたいと思っているのですが、今の所、通院の日は重なってないようです(--;)

病院の帰りは、祖父&祖母の家に寄ってきました
うちの祖父、腸にポリープができたみたいで、来月の初旬に入院する事になったんです
妃奈が行くととても喜んでくれるので、入院する前においでと祖母から電話があったので、病院の帰りに寄ってきました
祖父はいつもと変わらず元気そうだったので安心しました

kumasan.jpg
祖父が妃奈にくれた人形
実はこの人形、祖父が散歩をしている時に道端に落ちてた人形だそうです
汚れも無く、キレイな状態だったので「妃奈にあげよう」と拾ってきたらしい(苦笑)
それを聞いて、口に入れるのは抵抗があったけど、その人形で遊ぶ妃奈を嬉しそうに見ていた祖父を見ると、何にも言えませんでした

kerisotoyoko.jpg
帰ってからは、ケリーと庭で遊んであげました

dakkuupkawaii.jpg
ダッちゃんもお留守番、ありがとね
スポンサーサイト




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。