2006年04月15日



2006.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2006.05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



私が思う事・・・

前回の記事でも少し書いたけど・・・
妃奈のシャントが発覚してちょうど1年経ちました。

1年前、本当に不安で不安で仕方なかった気持ちが1年経つとウソのように思います。

この1年、妃奈にかかった医療費は50万円以上。
通院回数は50回近くにもなります。(入院3回も含めて)
この医療費と通院回数は、ダックケリのような健康な子では考えられない数字で、妃奈より長く生きているダックケリの数倍もの金額と回数になります。

お金の事ばかり・・・と思う方がいるかもしれませんが、ちょっと今私が思う事を書かせて下さいね。

ペットを飼うと言うのは、何があるか解らないと言う事です。
我が家も、まさかこんな事になると思って無かった訳ですしねぇ(^^;)
内臓疾患と言うのは、ある程度の年齢になってから発病したり発症したりと症状に現れると言われています。
ですから、子犬の頃は解らない部分もある訳です。

「可愛い」・「ショップの店員さんに勧められて」それだけの理由だけで飼う方もいる中、病気にもなると言う事・病気になればそれなりにお金と手間がかかると言う事が頭にある人はいるでしょうか?
「犬=健康」である事が当たり前と言うか、きっと目先の可愛さだけでそこまでの事は考えていない方もいるんじゃないかって思います。

病気になったワンコをお金がかかるからと言って捨てる人もたくさんいます。
本当に悲しくなりますよね。

私が自分のHPで、妃奈の医療費を公開しているのは
同じシャントだと診断された飼い主さんに一種の目安として考えて頂いて、お金の面での不安だけでも取ってあげたいと言う思いと、これからワンコを迎えようと考えている方に「病気」になる可能性も頭に入れて、それでも最後まで面倒を見れるかどうかと言うのをもう1度考えて欲しいと言う思いがあります。

毎日のご飯代・オモチャやオヤツ、ワクチンや狂犬病。
基本的な事だけだと、お勤めをしている方であれば「これだったら大丈夫」と思いますよね。
基本的な事に限らず、病気になった時の事も考えワンコを迎えて欲しいのです。

まぁ、どの子も健康に過ごす事が何より1番ですけどね(^-^*)

hinataiin2.jpg
昨年、造影剤検査を受けて退院してきた時の妃奈です
こ~んなに細かったのね~(^^;)

hinamarumaru.jpg
今の妃奈です

1年でこ~んなに成長したみたい( ̄▽ ̄;)
だけど、調子よく闘病生活2年目に突入できて良かったです
スポンサーサイト




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。